千葉県館山市の海水浴場 2年ぶりに開設

©千葉テレビ放送株式会社

 「海の日」の22日、千葉県館山市の海水浴場がオープンし、多くの家族連れなどで賑わいました。

 2020年は、新型コロナの影響で県内全ての海水浴場が中止となっていて、海水浴場の開設は2年ぶりとなります。

 館山市では22日、北条など4つの海水浴場がオープンしました。2020年は、新型コロナの影響で県内の海水浴場は全て開設中止となり、館山市の海水浴場も2年ぶりとなります。

 訪れた人たちには、他の人との距離を十分に取ることや、食べ歩きはしないなど、感染症対策が求められていて、監視員が巡回して協力を呼びかけます。

 「海の日」で、4連休初日の22日、海水浴場には、多くの家族連れなどが訪れ、照りつける太陽の下、波打ち際で砂遊びをしたり、ビーチで寝転んだりしながら、2年ぶりの海水浴を楽しんでいました。

 なお、2021年は、館山市や御宿町など4市町が海水浴場を開設した一方、南房総市や旭市、九十九里町など17市町村は開設を断念していて、対応が分かれました。

 海水浴客は「冷たくて楽しいです」
「全然思い付き。ここが閉鎖されたことも知らないし、開設されたことも知らない。ただドライブ行こっかみたいな感じで思いつきで来た」
「思ったより混んでいなかったのでほどほどに泳げました」「テントとか結構密集するので、そういうので感染しちゃうのかなって思っていたんですけど、たぶん大丈夫かなって」