千葉県八千代市で車内の1歳女児が死亡 熱中症の疑い

©千葉テレビ放送株式会社

千葉県八千代市で車内の1歳女児が死亡 熱中症の疑い

 千葉県八千代市で、22日午前、1歳の女の子が熱中症の疑いで死亡しました。

 女の子は、母親らと一緒に車内にいて、母親が3時間ほど寝て起きると、女の子の意識や呼吸がなかったということです。

 熱中症の疑いで死亡したのは、八千代市大和田新田の1歳の女の子です。

 22日午前10時40分頃、母親が、自宅駐車場に止めた車の中に一緒にいた女の子の意識と呼吸がないのに気づき、119番通報しました。

 救急隊が駆けつけると、女の子は心肺停止の状態で、運ばれた病院で死亡が確認されました。

 八千代市消防本部によりますと、母親は、外出先から帰宅した後、そのまま、車内で3時間ほど寝てしまい、起きたときに、助手席にいた女の子の意識と呼吸がありませんでした。車内は、エアコンがかかった状態だったということです。

 県内は22日、各地で、最高気温が30度を超える暑さとなり、女の子は熱中症で死亡したとみられます。