河南省新郷市で地元観測史上最大の降雨 47万人余りが被災

©新華社

河南省新郷市で地元観測史上最大の降雨 47万人余りが被災

 22日、河南省新郷市で冠水した道路。(小型無人機から、鄭州=新華社配信/李宝忠)

 【新華社鄭州7月22日】中国河南省新郷市の防汛抗旱指揮部(洪水干ばつ対策本部)は22日、同市がこのほど地元観測史上最大となる豪雨に見舞われたと発表した。

 豪雨の影響で、19日から22日にかけて市内にある計7つの中規模のダムから水があふれ、輝県市、衛輝市、長垣市、獲嘉県、原陽県、封丘県の58の郷・鎮に被害が出た。21日午後10時半時点で、47万人余りが被災し、農作物の被害面積は5万5千ヘクタール余り、うち深刻な被害を受けた面積は1万1千ヘクタール以上に上った。

河南省新郷市で地元観測史上最大の降雨 47万人余りが被災

 22日、河南省新郷市で冠水した道路。(小型無人機から、鄭州=新華社配信/李宝忠)

 地元では現在、専門救助隊138チームを結成し、各種緊急車両や装備を配備して救助活動に当たっている。被害を最小限に抑えるため、これまでに救助人員延べ7万6千人余り、救助車1521台を出動させた。