サヨナラ勝ちで2連勝 渥美万奈が決勝打

©株式会社日刊現代

サヨナラ勝ちで2連勝 渥美万奈が決勝打

13 Photos

7月22日、福島あづま球場でソフトボールの日本対メキシコ戦がおこなわれ、日本がタイブレークの末にサヨナラ勝ちし2連勝となった。上野由岐子が2戦連続で先発し10奪三振も7回に追いつかれ降板。二番手で登板した後藤希友が好救援をみせ勝利を呼び込んだ。

2試合続けての先発登板となった上野由岐子

この日39歳の誕生日を迎えバースデー登板となった

藤田倭が2回に先制ソロを放つ

2戦連発となった

宇津木監督(右)と互いにガッツポーズをする

7回に同点に追いつかれ降板となった

二番手の後藤希友が2イニングを投げ5奪三振の好救援

タイブレークの延長8回、渥美万奈のヒットでサヨナラ勝ち

「最後自分で決めるというのは、サインが出るとわかっていた。その準備ができていました。」と冷静に振り返った

「2日間チーム一丸となって試合ができたので、いままで以上に次の試合も厳しくなっていくと思う。チーム一つになって勝てるように頑張りたい」と気を引き締めた

次戦から会場を横浜スタジアムに移動しての試合となる

撮影:真野慎也/JMPA

撮影日:2021年7月22日