テイラー・スウィフト、昨年最も稼いだミュージシャンに

©BANG Media International

テイラー・スウィフトが、ビルボード誌の「2020年最も稼いだミュージシャン」に選ばれた。コロナの影響でライブが行えない状況の中、テイラーは2018年の9960万ドル(約109.8億円)には及ばないものの、この1年で推定2380万ドル(約26.2億円)を稼いだという。

内訳はコンサート収入が0、ストリーミング配信で1060万ドル(約11.7 億円)、レコードセールスで1000万ドル(約11億円)、出版物で320万ドル(約3.5 億円)となっている。

一方テイラーに続いては僅差でポスト・マローンが2320万ドル(約25.6億円)で2位、ポストは昨年3月のデンバー公演などロックダウン前にいくつかのライブで1240万ドル(約13.7億円)、ストリーミング配信では810万ドル(約8.9 億円)の収入を得たそうだ。

昨年は自主隔離を余儀なくされた人々の生活を反映し、ミュージシャンらのストリーミング配信による合計収入は2019年の1億600万ドル(約116.9億円)から82%増加の1億9300万ドル(約212.8億円)に跳ね上がる結果となっている。

テイラーとポストに続いては、主にツアーで稼いだセリーヌ・ディオンとイーグルスがそれぞれ3位と4位、ストリーミングと出版物で強みを見せたビリー・アイリッシュがベスト5の最後を飾った。

そしてテイラーと同じくコンサート収入無しのドレイクとクイーンがそれぞれ6位と7位、ザ・ビートルズが8位と根強い人気を見せ、ヤングボーイ・ネヴァー・ブローク・アゲイン、リル・ベイビーとラッパー勢がベスト10を締め、惜しくも11位にザ・ウィークエンドの結果となった。

ビルボード誌の選ぶ最も稼いだミュージシャン2020

1. テイラー・スウィフト 2380万ドル(約26.2億円)

2. ポスト・マローン 2320万ドル(約25.6億円)

3. セリーヌ・ディオン 1750万ドル(約19.3億円)

4. イーグルス 1630万ドル(約18億円)

5. ビリー・アイリッシュ 1470万ドル(約16.2億円)

6. ドレイク 1420万ドル(約15.7億円)

7. クイーン 1320万ドル(約14.6億円)

8. ザ・ビートルズ 1290万ドル(約14.2億円)

9. ヤングボーイ・ネヴァー・ブローク・アゲイン 1190万ドル(約13.1億円)

10. リル・ベイビー 1170万ドル(約12.9億円)