『Dune/デューン』、ティモシー・シャラメの出演なしでは製作されなかった!?

©BANG Media International

ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督(53)によると、ティモシー・シャラメがポール・アトレイデス役を演じることに同意しなかったら『Dune/デューン 砂の惑星』は製作されていなかったかもしれないという。フランク・ハーバートのSF小説を原作とした同新作に主演するティモシーだが、ヴィルヌーヴ監督によると主演俳優に関しては「プランB」がなかったそうだ。

トータル・フィルム誌にヴィルヌーヴはこう話している。「『ティモシー・シャラメしかいない』って私達は話していたんです。私達にプランBはありませんでした。正直なところ、彼がノーと言っていたら、どうなっていたか分かりません。『デューン』は作られていなかったかもしれませんね」

一方で脚本を共同執筆したエリック・ロス(76)は最近、レベッカ・ファーガソン、ジョシュ・ブローリン、ゼンデイヤ、ジェイソン・モモア、デイヴ・バウティスタらがキャスト陣に名を連ねる同作は「スぺクタキュラー」であり、その製作に関わったことは「素晴らしい」経験だったと話していた。

『Dune/デューン 砂の惑星』は10月15日に日本公開予定となっている。