<あのころ>永遠のマドンナ

女優の原節子さん

©一般社団法人共同通信社

1960(昭和35)年7月23日、「永遠のマドンナ」原節子さんが自宅でほほ笑むのは、小津安二郎監督の「秋日和」を撮影のころ。邦画の黄金期に司葉子さんの母親役で好演。翌年の「小早川家の秋」が最後の小津作品出演となり、その翌年の「忠臣蔵」を最後に引退。以後は表舞台に出ず、2015年に死去した。