米、中国の調査拒否「無責任」

コロナ起源解明巡り批判

©一般社団法人共同通信社

サキ米大統領報道官(UPI=共同)

 【ワシントン共同】米国のサキ大統領報道官は22日、ホワイトハウスで記者会見し、新型コロナウイルスの起源解明に向けた世界保健機関(WHO)による追加調査計画を中国が拒否したとして「深く失望している。彼らの姿勢は無責任で、率直に言って危険なものだ」と述べ、中国政府の対応を強く批判した。

 WHOのテドロス事務局長は16日、中国湖北省武漢のウイルス研究所の監査も含めた追加調査を提案した。サキ氏は当初の調査について、中国が必要なデータへのアクセスを認めず不十分な形で終わったと指摘。追加調査への支持を表明した上で中国にデータ提供を要求した。