【22日】長崎県内で9人コロナ感染 クラスター関連なし

©株式会社長崎新聞社

新型コロナウイルス感染者の入院状況 21日午後7時現在

 長崎県などは22日、県内で新たに計9人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。内訳は長崎、佐世保両市が各3人、大村市2人、東彼東彼杵町1人。クラスター(感染者集団)関連の事例はなかった。
 長崎市の30代自営業男性は感染経路不明。18日に発熱や頭痛を発症した。同市のほかの2人は県内陽性者関連。このうち10代女性は検査で2度陰性になったが、鼻づまりなどの症状があり、再検査したところ陽性が判明した。
 佐世保市の3人はいずれも、20日に感染が判明した10代男性会社員の親族で、濃厚接触者として検査を受けた。
 大村市の2人はいずれも県内陽性者関連で、2週間以内の県外移動歴があった。東彼杵町の1人は初発事例。県外から帰ってきた後、発熱や悪寒などの症状が現れた。濃厚接触者6人を検査する予定。