コロナ禍の東京五輪、今夜開幕

無観客で開会式、祝祭ムード欠く

©一般社団法人共同通信社

朝日を浴びる国立競技場=23日午前5時48分

 新型コロナウイルス禍で史上初の1年延期となった第32回夏季オリンピック東京大会は23日午後8時から国立競技場で無観客の開会式を行い、17日間の戦いが開幕する。大会組織委員会は22日、式典の制作、演出を担当した小林賢太郎氏を、過去にホロコースト(ユダヤ人大量虐殺)を題材にしたコントをしていたとの理由で解任。直前まで混乱したが、開会式は予定通り実施する。

 国内の新型コロナの感染者数は増加傾向にあり、来日した選手や大会関係者も検査で陽性が確認されるケースが相次ぐ。東京都に緊急事態宣言が発令されており、不安を抱える中、祝祭ムードの乏しい幕開けとなる。

 開会式では大会名誉総裁の天皇陛下が開会を宣言される。菅義偉首相、東京都の小池百合子知事ら出席する大会関係者は950人程度に抑えられる見通し。

 国際オリンピック委員会(IOC)はジェンダー平等の観点から、入場行進で各国・地域の選手団を先導する旗手に初めて男女1人ずつの起用を求め、日本選手団はバスケットボール男子の八村塁(23)=ウィザーズ、レスリング女子の須崎優衣(22)=早大=が務める。