テニスのアンディ・マリーが棄権

男子シングルス五輪2連覇

© 一般社団法人共同通信社

アンディ・マリー=2019年(ロイター=共同)

 テニス男子のアンディ・マリー(英国)が右太ももの張りのため、シングルスを棄権することが25日、大会組織委員会から発表された。同種目ではロンドン、リオデジャネイロと五輪2連覇中だった。英国チームによると、ジョー・ソールズベリーと組むダブルスには引き続き出場する。

 34歳のA・マリーは世界ランキング元1位で現在は104位。25日の1回戦でフェリックス・オジェアリアシム(カナダ)と対戦する予定だった。代わってマックス・パーセル(オーストラリア)が出場する。