熱海、罹災証明の受け付け開始

土石流「被災者相談窓口」を開設

© 一般社団法人共同通信社

市の総合福祉センターに開設された「被災者相談窓口」で職員(奥)から説明を受ける人=26日午前、静岡県熱海市

 大規模土石流が発生した静岡県熱海市で26日、被災者が公的な支援を受けるために必要な罹災証明書の申請受け付けが始まった。市総合福祉センターに「被災者相談窓口」を開設し、生活再建に関する相談全般にも対応する。窓口を訪れた被災住民は安堵の表情を見せていた。

 罹災証明書があると、税金の控除や減免を受けられる。申請後に市職員が現地調査を実施し、証明書を発行するかどうかを決める。遠隔地に避難している場合は郵送でも申請できる。

 また、マイカーを失った被災住民を対象に、日本カーシェアリング協会(宮城県石巻市)がレンタカーを無料で貸し出す。協会のHPから予約できる。