日本、逆転で白星発進

野球・28日

©一般社団法人共同通信社

日本―ドミニカ共和国 9回、サヨナラ打を放ち、ガッツポーズして一塁に向かう坂本(中央)。左は一走山田=福島県営あづま球場

 五輪野球の1次リーグが始まり、正式競技としては初の金メダルを狙うA組の日本はドミニカ共和国に4―3で逆転サヨナラ勝ちし、白星スタートを切った。31日にメキシコと対戦する。

 日本は打線が六回まで1安打と巨人でプレーするメルセデスを打ちあぐねて劣勢に回ったが、1―3の九回に村上(ヤクルト)の適時打と甲斐(ソフトバンク)のスクイズで追い付き、さらに1死満塁として坂本(巨人)が中越えに適時打を放った。

 6チームが2組に分かれて戦う1次リーグでは敗退するチームはなく、敗者復活を組み込んだ変則的な決勝トーナメントの組み合わせを決める。

ドミニカ共和国にサヨナラ勝ちし、(左から)生還した村上と決勝打の坂本に駆け寄る日本ナイン=福島県営あづま球場