中国外相、タリバンと会談

アフガンに影響力確保

© 一般社団法人共同通信社

タリバン幹部のバラダル師(左)と写真に納まる中国の王毅国務委員兼外相=28日、中国天津市(新華社=共同)

 【北京、イスラマバード共同】中国の王毅国務委員兼外相は天津で28日、アフガニスタンの反政府武装勢力タリバンの幹部と会談し、アフガン和平などを巡り意見交換した。中国外務省とタリバンが発表した。米軍がアフガン撤退を進める中、中国は「最大の隣国」(王氏)として影響力を確保する狙いとみられる。

 タリバン幹部のバラダル師が率いる代表団が訪中。王氏はタリバンを「アフガンで決定的な力を持つ軍事、政治勢力だ」と評価。「アフガンの和平と和解、復興の過程で重要な役割を発揮できるだろう」と述べた。

タリバンの代表団と写真に納まる中国の王毅国務委員兼外相(左から7人目)=28日、中国天津市(中国外務省のホームページより、共同)