米GDP、6.5%増

4~6月、コロナ禍前回復

© 一般社団法人共同通信社

米GDPの推移(四半期ベース)

 【ワシントン共同】米商務省が29日発表した2021年4~6月期の実質国内総生産(GDP、季節調整済み)速報値は、年率換算で前期比6.5%増だった。プラス成長は4四半期連続。GDPの7割を占める個人消費の伸びが寄与した。市場予想の8.5%増は下回ったが、GDPの規模は新型コロナウイルス感染拡大前の19年10~12月期を上回った。

 現金給付といった新型コロナ感染拡大への経済対策や、ワクチン接種の進展による企業活動の再開を受け、経済の回復が続いていることが裏付けられた。

 個人消費は11.8%増で、伸び率は前期(11.4%増)を上回った。