チーム最年長、体張った守備で1勝目指す ハンドボールの笠原 

© 株式会社河北新報社

スウェーデン戦の後半、ディフェンスする笠原(右から2人目)ら。GK岩下=26日、国立代々木競技場

 33年ぶりに五輪の舞台に立ったハンドボール男子日本代表で、福島市出身のポスト笠原謙哉(トヨタ車体、福島・聖光学院高-東海大出)が197センチの体を張った守りを見せている。チーム「彗星(すいせい)ジャパン」最年長の33歳は愚直に体を鍛え東京五輪のコートまで上り詰めた。現在1次リーグ3連敗中だが、1勝を求め残り2戦に挑む。
 自分と戦い続けてきた競技人生だった。
 小学6年で165センチ。体格に恵まれても球技は苦手だった。サッカー、ソフトボール、バスケットボールと、何をやっても上達せず、かじってはやめた。福島市信夫中に進み「逃げた先がハンドボール」だった。
 練習は厳しかった。徹底した走り込みに腹筋、腕立て伏せ。地道な体づくりが続く。体の大きさがものをいうハンドボールの世界。体格を武器に高校、実業団と階段を上っていったが、「実力的には不相応だった」と振り返る。
 自ら認める悪癖が「逃げの姿勢」だ。新人なのに全体練習開始ぎりぎりに現れ、終わればすぐ帰る。「恥ずかしいくらい駄目な人間」。当然先輩に叱られ、試合には出られない悪循環に陥った。
 鳴かず飛ばずの状態が数年続いた。チームでも中堅の域に入ろうとしていたころ、けが人が相次いで出番が回ってきた。「ここで負けたら引退」。がむしゃらに走り回り、勝った。
 体づくりだけはサボらず続けてきた。トレーニングはうそをつかないことを悟った。人が変わったのはそこからだ。誰よりも早く練習場に入り、最後まで残るようになった。
 代表を支える今も「僕よりうまい人はいくらでもいる。大学生の方がうまいくらい」と言う。2メートルを超える大男がそろう五輪の舞台。鍛え抜いてきた肉体を武器に、世界と戦い続ける。
(佐藤夏樹)