山口茜と対戦するインドの強豪・プサルラとは… 東京五輪女子バド単、30日に準々決勝

© 株式会社福井新聞社

山口茜と準々決勝で対戦するプサルラ(アフロ)

 東京五輪バドミントン女子シングルスの山口茜(勝山高出身)が準々決勝(7月30日午後4時45分開始予定)で対戦するプサルラは、リオ五輪で奥原希望を破り銀メダルを獲得したインドの強豪だ。179センチの長身からの強打と堅守を誇る26歳。ここまで3戦を全てストレートで勝ち上がった。世界ランキングは山口より二つ下の7位。

 過去の対戦成績は山口の7勝11敗だが、最近の5試合は3勝2敗。3月の全英オープン準々決勝は1-2で逆転負けしたものの、現在の力はほぼ互角といえる。

 山口は五輪開幕前に「手足が長いのでコートを広く使っても拾われる」と語り、「強打をいかに打たせないかが重要になる」と勝負のポイントを挙げた。172センチの韓国選手を下した決勝トーナメント1回戦は対策を試す機会となり、手応えをつかんだ。「怖がり過ぎず、積極的にやっていけたらいい」と見据える。