五輪県勢 ハンド女子、韓国に敗れる セーリング南里、29位後退 三重

© 株式会社伊勢新聞社

 東京五輪第7日の29日、三重県勢はハンドボール、セーリングに出場した。鈴鹿市拠点の「三重バイオレットアイリス」の原希美、石立真悠子が出場するハンドボール女子は1次リーグ第3戦の韓国戦を24―27で落として通算成績を1勝2敗とした。

 セーリング男子レーザー級の南里研二(百五銀行)は第7レースを24位、第8レースを29位で終え、総合順位は29位となった。

 また鈴鹿市出身の旗手怜央(川崎フロンターレ)らが出場するサッカー男子は28日に行われた1次リーグ第3戦でフランスを4―0で下し、予選リーグ3戦全勝で準々決勝進出を決めた。