検審「説明責任果たすべきだ」と指摘

© 一般社団法人共同通信社

 安倍晋三前首相の不起訴を一部不当とした検察審査会の議決は「首相であった者が、秘書がやったことだと言って関知しない姿勢は国民感情として納得できない。説明責任を果たすべきだ」と指摘した。