宇山5位、森は予選敗退

トランポリン・30日

© 一般社団法人共同通信社

女子決勝 宇山芽紅の演技=有明体操競技場(クロスフィルター使用)

 五輪トランポリン女子決勝で予選5位の宇山芽紅(スポーツクラブ テン・フォーティー)が54.655点をマークし、同種目で日本勢最高の5位に入った。2000年シドニー五輪6位の古章子を上回った。

 予選の得点は持ち越さず、予選2位で通過した朱雪瑩が56.635点で初の金メダル。劉霊玲が2位に入り、中国勢が上位を占めた。3連覇を狙ったマクレナン(カナダ)は4位だった。

 19年世界選手権優勝の森ひかる(金沢学院大ク)は予選で第2演技を中断し、13位で敗退した。

女子予選 第2演技でバランスを崩し、演技中断となった森ひかる=有明体操競技場