【東京五輪/陸上】“お姫様旗手”リパコワ、4度目の五輪は予選敗退 イスラエルの“美人旗手”は決勝へ

© 株式会社Neo Sports

東京五輪は30日、陸上女子三段跳びの予選が行われ、予選グループBに出場したオルガ・リパコワ(カザフスタン)は決勝進出を逃した。

開会式ではその美貌とプリンセス調の衣装も相まって“お姫様旗手”として大きな話題を集めたリパコワだが、4大会連続のメダル獲得の夢は叶わなかった。

◆【実際の映像】プリンセス調の衣装でなくとも際立つ美貌とスタイルの良さ…競技本番を控え真剣な表情で調整を行うリパコワの密着映像

■シーズンベストも決勝進出ならず

開会式における一大トピックとなったリパコワは36歳の名選手。4大会連続の五輪出場で、2個目の金メダルを狙っていた(過去大会では北京=銀、ロンドン=金、リオ=銅)。この日の予選では2回目の試技でシーズンベストとなる13m69をマークしたが、結果はグループ12位で決勝進出は叶わなかった。

競技開始前にはカザフスタンのチーム公式Twitterが、直前トレーニングを行うリパコワの動画を投稿するなど今五輪の“華”となっていたリパコワは、惜しまれつつも笑顔で4度目の大舞台から去ることになった。

■イスラエルの“美人旗手”は決勝へ

2組に分かれて実施された女子三段跳びだが、合計12名が決勝に進出。全体トップ通過は14m77を記録したユリマル・ロハス(ベネズエラ)となっている。

決勝へ進む全選手が14m21以上を記録する戦いとなったが、リパコワ同様に開会式で旗手を務め、一大トピックとなったハンナ・ミネンコ(イスラエル)も、グループB5位の14m36で決勝に駒を進めた。注目の決勝は8月1日に実施される。

◆イスラエルやカザフスタンの“美人旗手”にSNSで脚光 凛とした佇まいに「二度見した」

◆カザフスタンが“お姫様旗手”の舞台裏動画を公開「私達の美しい旗手がお好きなんでしょう?」

【実際の映像】プリンセス調の衣装にモデル顔負けのスタイル…カザフスタンチームが公開した旗手・リパコワのリラックスした表情が美しい“舞台裏ドキュメント”

文・SPREAD編集部

競技本番を控え真剣な表情で調整を行うリパコワの密着映像

)