フジテレビが大失態! 韓国選手とフェンシング団体金・加納虹輝の写真間違え謝罪

©株式会社東京スポーツ新聞社

右から加納虹輝、宇山賢、山田優、見延和靖

歓喜の金メダル獲得となった「フェンシング男子 エペ団体 決勝」を生中継したフジテレビが大失態を犯した。

優勝が決定し、スタジオに映像が戻った際に、メインキャスター・村上信五らの上部に、4人の選手と金メダルの画像が。しかし、見延和靖、山田優、宇山賢の写真は確認できたが、もう1人は腕に「KOREA」とあり、スポンサーの韓国企業のロゴが…。加納虹輝と間違って映っていたのは、朴相永(パクサンヨン)と見られる。

スタジオパートがいったん終了し、CM後、競技現場の女性アナウンサーが「先ほど、スタジオで皆様にお見せした写真の一部に誤りがありました。大変失礼いたしました」と頭を下げ謝罪。

しかしネット上では「あんな間違いどうやったら起こせるの!?」「あまりにも失礼すぎますよ!」「写真間違えた挙句、なぜ表彰式放送しない!」と怒りの声が渦巻いた。