米、キューバは「失敗した政権」

デモ抑圧を批判、圧力強化

©一般社団法人共同通信社

 【ワシントン共同】バイデン米大統領は30日、ホワイトハウスでキューバ系米国人らと会談し、キューバの現体制を「失敗した共産主義政権」と批判、同国で今月起きた大規模なデモを支持する姿勢を示した。デモ隊を抑圧したとして、同国の警察とその幹部2人に対し、米国内に保有する資産凍結などの追加制裁を発表。圧力をさらに強化した。

 22日にはバイデン政権下で初めてのキューバ制裁がミエラ国防相らに対して出されており、今回の措置はこれに続くもの。バイデン氏は会談で「自由を求める声が聞こえてくる」と述べ、デモに寄り添う姿勢を表明した。