モスクでワクチン接種、神奈川

海老名市内の外国人に

©一般社団法人共同通信社

イスラム教徒が集まるモスクで、新型コロナウイルスワクチンの接種を受けるバングラデシュ出身の女性=31日午前、神奈川県海老名市

 神奈川県海老名市は31日、イスラム教礼拝所のモスクで、市内に住む外国人に新型コロナウイルスワクチンの集団接種を始めた。市の集団接種は日本語でしか予約ができないことなどから、外国人が定期的に集まるモスクを会場にした。モスクでの接種は全国的に珍しい。

 会場となるのは同市上郷の「海老名マスジド」。訪れた外国人がじゅうたんの上に間隔を空けて座り、54人が順番に接種した。毎週土曜日に行う予定。海老名マスジドには、市内の他、近隣の同県綾瀬市、座間市などに住むイスラム教徒約1200人が訪れる。今後、ワクチンの供給量に応じて近隣の市と協議し、接種対象を拡大する方針。