高橋、小泉組は最終レース逃す

セーリング・31日

© 一般社団法人共同通信社

男子49er級 競り合う高橋稜(中央手前)、小泉維吹組=江の島ヨットハーバー沖

 セーリング男子49er級の高橋稜(ジャパンセールGPチーム)小泉維吹(早大)組は11位で、12レースを終えて上位10艇による最終のメダルレースに進めなかった。女子49erFX級の山崎アンナ(ノエビア・日体大)高野芹奈(ノエビア・関大)組も18位に終わった。

 男子フィン級の瀬川和正(鳥取県スポーツ協会)は16位につける。RSX級のメダルレースでは男子のバドルー(オランダ)、女子の盧雲秀(中国)がそれぞれ優勝して金メダルを獲得した。両種目とも日本勢は既に進出を逃している。

男子RSX級で優勝し、喜ぶオランダのキラン・バドルー=江の島ヨットハーバー沖

この記事はいかがでしたか?