佐賀県で1時間に約110ミリの猛烈な雨 記録的短時間大雨情報 避難が必要となる危険な状況

© 株式会社ウェザーマップ

 気象庁は、佐賀県で災害につながるおそれがある猛烈な雨が降ったとみられるとして、記録的短時間大雨情報を発表した。

【記録的短時間大雨情報 1時間雨量】

佐賀県

 唐津市鎮西町付近 約110ミリ(午前6時30分)

 佐賀県は、湿った空気の影響により概ね雨で、雷を伴い非常に激しい雨が降っている所がある。降り続く大雨のため、土砂災害警戒区域等では命に危険が及ぶ土砂災害がいつ発生してもおかしくない非常に危険な状況となっている。    

 昼前まで土砂災害に警戒し、北部では、河川の増水に警戒が必要だ。あす午前6時までの降水量は、多い所で1時間に50ミリ、24時間に120ミリの見込み。

【警戒レベル4相当情報[土砂災害]】

 避難が必要となる危険な状況となっている。崖の近くなど土砂災害の発生しやすい地区に住む方は、早めの避難を心がけるとともに、市町から発表される避難指示などの情報に注意が必要だ。

記録的短時間大雨情報とは

 1時間に80ミリ以上の猛烈な雨を観測または解析し、さらにその地域にとって数年に一度程度しか発生しないような大雨である場合に発表される情報。周辺地域では、土砂災害や河川の増水など、災害の危険性が高まっているため警戒が必要となる。