【共感しかない】2歳児あるあるをピクトグラムで表現してみたら…「最高」「全て見覚えがある」と話題に -「これがほぼ毎日全種目おこなわれている」の声も

© 株式会社マイナビ

今まさに「東京2020大会」が開催されていますが、その開会式の中で話題となったのが、競技ピクトグラムの実写パフォーマンス。全世界に生中継されているという緊張感もあり、まさに金メダル級の面白さでしたね。

1964年の東京オリンピックで初めて全面導入され、今や世界中のいたる場面で使用されているピクトグラムですが、星田つまみさん(@Ririshiku_Uruou)は、2歳児あるあるをピクトグラムで表現。ツイッターに投稿したところ、多くの反響が集まっています。

流行りのやつ乗っかり〜
ぴくと2歳児
(@Ririshiku_Uruouより引用)

育児の経験がある人なら、どれもピン! ときたのではないでしょうか。まさに2歳児あるあるですね。この投稿を見た人からは、「最高」「可愛すぎる」「全て見覚えがある」「猛暑の中、これがほぼ毎日全種目おこなわれている」「もっと欲しい!! w」といった反応が続々と。

どの競技も、幼児体型のポージングがとっても可愛らしいですが、コメントを見る限り、みなさんのイチオシは「じぶんで!! 」。「自分で! が可愛いです」「じぶんで!! いちばんウケたwww」「『じぶんで!! 』が1番ツボです」という声が寄せられていました。

ツイ主さんに聞いてみた

―― 2歳児の行動をピクトグラムにする上で、こだわった点や工夫した点があれば教えてください。

星田つまみさん:アスリート並に動き回る2歳児の躍動感と、動きの可愛さを表現できれば、と試行錯誤しました。手足の振りの大きさや、頭身の少なさでそれらを表現できたかな、と思っています。

―― この中で、星田さんがとくに大変だと思う2歳児の行動はどれですか?

星田つまみさん:「じぶんで!! 」ですね。これは、引用リツイートでも多くの方が「これは可愛いけど大変」と仰っており、自分もそのとおりだと思います。見守ることの難しさ、いつも痛感します。

―― 今回のツイートが話題になっていることについて、率直な感想を教えてください。

星田つまみさん:こんなに多くの方に見ていただけるとは、正直思っていませんでした。育児中の方や過去に経験している方々が、こぞって「これうちの子や」「わかる」と反応をくださるのがとても嬉しいですし、最後のオチに笑ったり共感したりしてもらえる事は、「ヤッター」という気持ちです。親が食べてる物が何なのかリプライで深堀りしてくださる方もいて、そういう反応も、見ていて楽しませていただきました。


今回は2歳児のピクトグラムでしたが、子どもの成長に合わせて種目が増えていくのも見てみたいですね。みなさんも、我が子ならではのピクトグラム、作ってみてはいかがでしょうか?

流行りのやつ乗っかり〜
ぴくと2歳児 #ピクトグラム

pic.twitter.com/ykxWb1gUt7— 星田つまみ (@Ririshiku_Uruou) July 28, 2021