ステージ4のがんと闘うシングルマザーと一人息子の日々…上戸彩が“語り”

©株式会社マイナビ

女優の上戸彩が、8日に放送されるフジテレビのドキュメンタリー番組『ザ・ノンフィクション』(毎週日曜14:00~ ※関東ローカル)で、“語り”を担当する。

今回の作品は、病気と闘いながら8歳の一人息子と2人で暮らすシングルマザー・高木ゑみさんの母としての姿を描いた『笑顔で生きよう~お母さんと僕の約束~』。去年10月、長引くコロナ禍でも、オンラインで料理教室を開催するなど、精力的に活動を続けていたゑみさんは、腰に強い痛みを感じる。病院に行き検査をすると、そのまま緊急入院。腰の痛みの原因は、肺から転移したがんによるものだった。突然、医師から宣告された「ステージ4」のがんだった。

8歳の一人息子との二人暮らしから、入院生活へ。日常は変わってしまったが、彼女はそれでも病室から毎日のように病状や今の心境など笑顔を絶やすことなくSNSで発信を続ける。そこには愛する我が子に対する「この子のために生きる」という前向きに病気を乗り越えようとする思いがあった。

去年12月、病状も回復し退院したあとも“笑顔で生きる”を等身大で表現し、「私が病気と闘う姿を記録してほしい」と願うゑみさんと、母を「世界で一番大好き」という一人息子の2人が過ごす日々を、ドキュメンタリーで描いていく。

西村陽次郎チーフプロデューサーは「上戸彩さんは、今回の物語の主人公である、ゑみさんと同じ年齢で、子を持つ母親、働く母親としても共通点があります。番組の“語り”として、深い共感と洞察をもって臨んでいただけるはずと、大きな期待を込めてお願いをしました。『ザ・ノンフィクション』は初めて読んでいただくのですが、制作側も今回の機会をとてもうれしく思っています」と話している。

(C)フジテレビ