32歳亀山、「感謝と喜び」の5位 美しいあん馬で魅了

© 株式会社河北新報社

男子種目別あん馬決勝で着地を決め笑顔の亀山=有明体操競技場

 32歳で臨んだ初めての五輪。スペシャリストの誇りを胸に舞い切った。1日の東京五輪体操男子種目別あん馬決勝で、亀山耕平(徳洲会、仙台大出)は5位。メダルには届かなかったが、悔いのない演技を見せた。「感謝と喜びでいっぱいです」

 下半身にピンと線が入ったような美しい旋回に、出場国の関係者たちが座るスタンドから思わず拍手が湧いた。得点が表示され、銅メダルの萱和磨(セントラルスポーツ)と抱き合った。
 一つのことをとことんまで突き詰められるのが亀山の強みだ。
 3歳から中学卒業まで通っていた仙台スピン体操クラブ(仙台市宮城野区)では、世界トップの演技を集めたビデオを借りるのが習慣だった。毎朝6時に起きて1時間ほどテレビ画面に食い入る。中国、ロシア、ドイツなど強豪国の美しい旋回、難度の高い技などを頭の中に刷り込んでその日の練習に生かした。朝から晩まで体操のことばかり考えていた。
 小学生の時、あと一歩で全国大会を逃す悔しさを2度経験した。コンマ1点が勝敗を分ける世界。どうすれば高得点を引き出せるのか、審判が演技のどこを評価するのか。採点規則集をひたすら読み込んだ。だからルールを覚えるのは、どの子よりも早かった。
 「6種目できて一人前」といわれた体操の伝統には目もくれず、小柄な日本人には不利とされてきたあん馬で生き抜いてきた。「日本代表になれなかったらやめる」と仙台市に住む両親に宣言し、幅わずか35センチの馬のくらを模した器械に全てを懸けてきた。
 2013年には世界選手権の種目別で金メダルを獲得。16年のリオデジャネイロ五輪は代表入りを逃したが、いちずな思いを貫き、自国開催の五輪出場をかなえた。
 集大成の大会だった。「皆さんに心からありがとうございましたと伝えたい」。万感の思いが胸にこみ上げた。
(剣持雄治)

この記事はいかがでしたか?