6月の一線都市雇用報告、深センの求人最多で北京の月給前年比8%増―中国

© 株式会社 Record China

情報サイト・58同城傘下の58同城招聘研究院が28日に発表した一線都市の雇用に関するビッグデータ報告によると、2021年6月には、4つの一線都市の中で、深センの求人ニーズが最も旺盛だった。北京は支給された月給の前年同期比増加率が最も高く、8.6%上昇したという。中国新聞網が伝えた。

同報告は、「21年6月、深センの求人の前月比増加率は4つの一線都市の中で最も高かった。以下、北京、広州、上海の順番で並んだ。深センは中国で最も早く産業パークが設立された都市の一つであり、そしてリーディングカンパニーを誘致し、スタートアップ企業を育成する『一括政策』が相次いで打ち出されてきた。現在、深センには産業パークが全部で3000カ所以上、国家重点実験室が6カ所、各種のイノベーションベクターが2700カ所以上あり、人材ニーズが高い」としている。

北京も人材政策に力を入れ始めたことが注目される。最近発表された人材の新規定では、中国全土の大学の修士課程・博士課程の修了者、北京の大学と北京以外の地域の「双一流(一流大学・一流学科)」の学部卒業生については、雇用機関が人材誘致の申請と手続きを行うことができ、条件を満たした休学中の起業家も人材誘致の対象とすることを明らかにした。同報告は、「人材政策が持続的にレベルアップするのに伴って、北京の人材誘致力もさらに発揮されることになる」との見方を示した。

同報告は支給される賃金について、21年6月の一線都市全体の平均月給は8129元(約13万8200円)に上り、全国平均の7596元を上回り、前年同期に比べて2.4%増と小幅に増加した。

都市別に見ると、深センの月給が最高で8376元に達し、次は北京、上海が並び、いずれも8100元を超え、広州は相対的に低く7803元だった。前年同期比増加率を見ると北京と深センが高く、北京は8.6%増、深センは8.1%増だった。

職業別に見ると、同報告が発表した21年6月に一線都市で求人が旺盛だった上位10職業は、一般作業員、オペレーター、仕分け作業員、サービス担当者、宅配便配達員、パッケージ作業員、組み立て作業員、販売員・営業担当者、警備員、飲食品配達員だった。うち販売員・営業担当者の前年同期比増加率が最も高く21.5%に達し、次は宅配便配達員で10%に迫った。製造業では、一般作業員は最も汎用性の高いポジションで、一線都市で供給量が最も多いポジションでもある。

同報告が挙げた21年6月の求職者側から見た一線都市の人気10職業は、貨物輸送のドライバー、一般作業員、ビジネス車のドライバー、事務員、警備員、販売員・営業担当者、サービス担当者、コック・シェフ、販売代表者、淘宝(タオバオ)の顧客サービス担当者だった。このうちサービス担当者の職を求める人は前月比13%増加した。

同報告はこうした状況の原因を分析して、次のような見方を示した。6月は1年の中頃のショッピングシーズンであり、さらにビジネスとしての移動が増加したため、これに対応するポジションの市場ニーズが増大し、求職ニーズが集中的に放出されることになった。同時に、サービス担当者のポジションは、学歴と専門による制限がなく、大多数の求職者が勤められるため、求職ニーズの上昇が速かった。

一線都市の求人で典型的な職業を見ると、6月は飲食品配達員の月給が最高の1万965元に達し、宅配便配達員が9849元で後に続いた。サービス担当者と警備員を除き、人気職業の平均月収はいずれも7000元を超えた。前年同期と比較すると、パッケージ作業員の増加率が最高で17%に達し、月給は7837元だった。飲食品配達員とオペレーターの増加率も15%を超えた。(提供/人民網日本語版・編集/KS)