自民総裁選日程、26日に決定

党員・党友投票も実施へ

© 一般社団法人共同通信社

自民党の総裁選挙管理委員会の初会合であいさつする野田毅委員長。左は二階幹事長=3日午後、東京・永田町の党本部

 自民党は3日、菅義偉首相の総裁任期満了(9月30日)に伴う総裁選に向け、総裁選挙管理委員会の初会合を党本部で開催し、告示や投開票の日程を今月26日の次回会合で決定することを申し合わせた。国会議員と都道府県連の投票による簡略型だった昨年の総裁選とは異なり、党員・党友投票の実施方針も確認。委員長には野田毅元自治相を互選した。二階俊博幹事長は首相再選の可能性が高いと言及した。

 総裁公選規程に従えば、投開票日は9月20日から29日の間となる。党幹部は次回会合後に総務会を開き、総裁選日程を了承する見通しだと明らかにした。