体操19歳の橋本大輝が2冠

ボクシング入江聖奈V、第12日

© 一般社団法人共同通信社

男子種目別鉄棒決勝でG難度の離れ技「カッシーナ」を決める橋本大輝の連続合成写真(左から時計回り)=有明体操競技場

 東京五輪第12日の3日、体操は男子種目別決勝の鉄棒で橋本大輝(19)が優勝した。個人総合に続く金メダルで、団体の銀を含め3個目のメダルとなった。鉄棒で日本勢の優勝は1984年ロサンゼルス五輪の森末慎二以来37年ぶり。

 ボクシングは2012年ロンドン大会から採用された女子でフェザー級の入江聖奈(20)が日本選手初の金メダルを獲得した。日本の金は今大会19個となり、そのうち女子種目が9個で過去最多の04年アテネ五輪に並んだ。

 レスリング女子62キロ級の川井友香子(23)と卓球女子団体の日本は決勝に進み、ともに銀メダル以上を決めた。卓球女子は3大会連続のメダルで、男子も4強入りした。

 サッカー男子準決勝の日本は延長戦の末に0―1でスペインに惜敗。銅メダルだった1968年メキシコ五輪以来53年ぶりのメダルを懸け、3位決定戦(6日)ではメキシコと対戦する。

 レスリング男子グレコローマンスタイル77キロ級の屋比久翔平(26)は銅メダル。女子68キロ級の土性沙羅(26)は3位決定戦で敗れた。

女子フェザー級で優勝し、表彰式で金メダルを見つめる入江聖奈=両国国技館
女子団体準決勝 香港戦の第1試合で勝利し、笑顔で喜ぶ石川佳純(左)、平野美宇組=東京体育館
女子62キロ級準決勝 ブルガリア選手(上)と対戦する川井友香子=幕張メッセ