アフガンで爆発、3人死亡

首都中心部、閣僚標的か

© 一般社団法人共同通信社

アフガニスタンの首都カブールで、爆発発生後に上がる白煙=3日(ゲッティ=共同)

 【イスラマバード共同】アフガニスタンの首都カブール中心部で3日夜、爆弾を積んだ車が爆発した後、銃撃戦となり、ロイター通信によると少なくとも民間人3人が死亡、多数が負傷した。治安部隊が実行犯4人を殺害、犯行声明は確認されていない。近くにあるモハマディ国防相代行の自宅が標的だったとみられるが、モハマディ氏は不在で無事だった。

 米国務省のプライス報道官は3日の記者会見で、反政府武装勢力タリバンによる攻撃の可能性があるとの見方を示した。アフガン駐留米軍が撤退を始めた4月下旬以降、タリバンは全土で猛攻を続け、政府軍は劣勢に立たされている。