重量挙げ中国代表、金7個・銀1個で五輪記録を更新―中国メディア

© 株式会社 Record China

ウエイトリフティング中国代表は2日、東京五輪の全試合を終えた。選手8人が8種目に出場し、7個の金メダルと1個の銀メダルを獲得し、ウエイトリフティング中国代表の五輪歴代最高記録を樹立した。新華社が伝えた。

中国ウエイトリフティング協会の周進強(ジョウ・ジンチアン)主席は、「ウエイトリフティング代表は過去5年間にわたり、その他の種目と同じく紆余曲折と困難を経てきた。国際ウエイトリフティング連盟は階級の調整をし、選手にとって非常に大きな影響があった。また、一部のベテラン選手は五輪の1年の延期の間に不調が生じた」と述べた。

周氏は、「選手全員が自分らしさを発揮し、中国人選手の精神面での強さを示した。これは成績よりも重要なことだ」と述べた。また、●利軍(チェン・リージュン、●はごんべんに甚)が大逆転で示した不屈の精神、石智勇(シー・ジーヨン)のひたすら記録更新を狙う王者らしい風格なども含めて、各選手を評価した。周氏は特に、唯一の銀メダルとなった廖秋雲(リャオ・チウユン)について、「彼女は十分に力を発揮し、相手の選手から敬意を表された。しかし相手の選手は確かにすごかった。われわれとしても心残りはなく、帰ってからもさらに強くなれるよう練習を積むだけだ」と述べた。

選手の成功にはチームの努力が不可欠だ。周氏は「チームづくりにおいては、栄養やリハビリ、身体能力、テクニカル分析、メンタル、生理学・生化学的測定などのシステムをつくり上げている。私たち後方支援スタッフや科学技術スタッフは常に選手が試合に臨むために全面的なサポートを提供した。そのためすべてのメダルには、裏方で貢献したこうしたスタッフの心血が込められている。このチームがなければ、このような成績は手にできなかった」と述べた。(提供/人民網日本語版・編集/YF)