男子団体、日本は3位決定戦へ

卓球・4日

© 一般社団法人共同通信社

男子団体準決勝 ドイツ戦の第5試合でポイントを奪われ、頭に手をやる丹羽孝希=東京体育館

 卓球は団体準決勝で、男子で前回リオデジャネイロ五輪銀メダルの日本はドイツに2―3で屈し、3位決定戦に回った。第1試合のダブルスで丹羽孝希(スヴェンソンホールディングス)水谷隼(木下グループ)組がフランツィスカ、ボル組に2―3で競り負けた。シングルスで張本智和(木下グループ)はオフチャロフに3―1で勝った。水谷はボルに1―3で屈したが、張本がフランツィスカに3―2で勝った。丹羽はオフチャロフに0―3で負けた。

 ともに4連覇を狙う男女の中国はそれぞれ3―0でストレート勝ち。男子は韓国に勝ち、女子はドイツを下して日本との決勝に進んだ。

男子団体準決勝 ドイツ戦の第4試合でポイントを奪い、ガッツポーズする張本智和=東京体育館