サマーソニックを主催するクリエイティブマンプロダクションが仕掛ける、HIP HOP、R&B、CITY POPなどのユースカルチャーに特化した新たなフェス『ODD BRICK FESTIVAL 2021』が9月26日(日)横浜赤レンガ倉庫特設会場にて開催決定!

© 有限会社ルーフトップ

来たる9月26日(日)に横浜赤レンガ倉庫特設会場にて『ODD BRICK FESTIVAL 2021』(略:ODD BRICK)が開催される。 『ODD BRICK』は勢いを増すストリートカルチャー、ポップカルチャーなどのユースカルチャーにフォーカスした野外フェスティバルで、クリエイティブマンプロダクションが『SUMMER SONIC』や『GREENROOM FESTIVAL』で培ったノウハウを活用し、国内で活躍中のHIP HOP、R&B、CITY POPのアーティストを中心に出演。 フリーエリアでは、飲食、アパレルなど幅広く出店を募り、音楽だけでなくいま注目すべき様々なカルチャーを楽しめるコンテンツを用意するとのこと。 フェスティバルアートワークとロゴのデザインは、新世代のヒップホップ・アーティストのアートワークから大手アパレルの広告など、多彩な活躍ぶりをみせている気鋭のイラストレーター・上岡拓哉が手掛けた。音楽の都・横浜赤レンガ倉庫が、昼から夜にかけて“ODD”な色に移り行く様を描き下ろしている。 また、コロナ禍でのライブエンターテインメントを安全に行なうために、コロナ感染予防対策について、現在行政の推奨するガイドラインに基づく感染予防対策をベースに開催に向けて着々と準備を進めているという。 8月中旬に出演アーティスト第1弾発表が予定されているので、今後発表されるアーティストに注目したい。