茨城・筑西市 エアコン購入補助へ 高齢世帯、上限5万円

© 株式会社茨城新聞社

茨城県筑西市は、新型コロナ感染症対策の一環として、高齢者世帯のエアコン購入補助事業に乗り出す。エアコンがないかエアコンが壊れて動かない住宅に住む高齢者世帯の購入、設置費用を補助するもので上限5万円。コロナ禍で外出を避ける高齢者が、猛暑下でも健康的に過ごしやすい在宅環境づくりをする狙いがある。

財源は国の臨時交付金を活用する。12日開会の市議会臨時会に事業費500万円を盛り込んだ2021年度一般会計補正予算案を提出する。

対象世帯は、市内に居住し▽65歳以上の高齢者だけで構成される世帯(1人暮らしを含む)▽世帯全員が本年度の市民税を課されていない▽世帯全員が過去に市税を滞納していない▽65歳以上の高齢者以外の人が同居していない-などが条件。4月以降に購入、設置したエアコンもさかのぼって対象となる。対象期間は2022年3月末まで。

市高齢福祉課は「近年、猛暑日が増えるなど、エアコンの生活上のニーズが非常に高まっている。高齢者のコロナワクチン接種も進んではいるが、在宅指向は強い。高齢者が安心して在宅で過ごしていけるよう支援したい」としている。