松本山雅FW戸島章が東京Vへレンタル移籍。今季J2でわずか2試合の先発出場

© フットボール・トライブ株式会社

松本山雅 写真提供: Gettyimages

明治安田生命J2リーグの松本山雅は8日、FW戸島章が東京ヴェルディへ2022年1月31日までの期限付き移籍により加入することを公式発表している。

現在29歳の戸島章は、ジェフユナイテッド市原・千葉や藤枝MYFC、町田ゼルビア、横浜FCに在籍した後、昨年に大宮アルディージャへ加入。昨季はJ2リーグで27試合に出場して3ゴールをマークすると、昨季終了後に松本山雅へ完全移籍により加入していた。しかし、松本山雅ではレギュラーのポジションを掴めず、リーグ戦でわずか2試合の先発出場にとどまっていた。

同選手は松本山雅のサポーターや関係者に対して「このたび、東京ヴェルディに期限付き移籍することになりました。松本山雅 FC に関わる全ての皆さま、半年という短い間ではありましたが本当にお世話になりました。松本で過ごした日々を糧に頑張っていきたいと思います。ありがとうございました!」とメッセージを送っている。

また、東京ヴェルディへの加入については「はじめまして松本山雅FCより期限付き移籍で加入することになりました、戸島章です。チャンスを与えていただいたことに感謝し全力でプレーします。そしてJ1昇格という目標に少しでも貢献できるように走り続けます!これからよろしくお願いします!」とクラブ公式サイトを通じてコメントを残している。

なお、東京ヴェルディは戸島章の背番号が「40」に決定したこともあわせて発表している。