【速報】札幌市 320人超見通し…"緊急事態宣言"解除後の最多再び更新 「まん延防止」13日目

© 北海道文化放送株式会社

札幌市で8月14日、新型コロナウイルスの新たな感染者が320人を超える見通しであることがわかりました。

300人を超えるのは388人だった5月27日以来79日ぶりです。2日ぶりに緊急事態宣言の解除後最多を更新し、6日連続で200人を超えました。前週の243人を大きく上回ります。土曜日として200人を超えるのは3週連続です。7月17日に約1か月ぶりに80人を超えて以来高い水準が続いていて、8月12日は緊急事態宣言の解除後最多となっていました。2日から「まん延防止等重点措置」が適用され13日目。増加傾向が続いています。

国の「まん延防止等重点措置」適用を要請する目安とされる人口10万人あたりの1週間の新規感染者数は13日は「84.1人」で、「緊急事態宣言」の目安となる「25人」を24日連続で超えています。

25日連続で25人を上回ることになります。

札幌市では8月13日、新たなクラスターが「障がい福祉サービス事業所」と「高校」で計2つ確認されています。

感染力が強いとされるインド型の変異ウイルス・デルタ株の感染疑いは、13日は98人が確認されました。

北海道発表分7人、旭川市19人、函館市9人、小樽市1人とあわせ134人。北海道内での「感染」と「感染疑い」は最初の確認から46日で計2303人となりました。

11日までの1週間でデルタ株の陽性率は85.2%と前週から約32ポイント増えていて、置き換わりが進んでいます。

札幌市の使用病床数は8月12日時点ですぐに対応できる557床中237床で約43%、病院以外の宿泊施設や自宅で療養・待機している人は8月13日時点で1851人と前日から28人増え、13日連続で1000人を超えました。

北海道全体の感染者数は、8月13日は緊急事態宣言の解除後2番目となり、2日連続で450人を超えています。死者は確認されていません。札幌以外での人口10万人あたりの新規感染者数も緊急事態宣言の目安となる「25人」を超え、全道的に感染拡大傾向が見られます。

感染経路不明の割合は13日までの1週間で42.5%と、「まん延防止等重点措置」や「緊急事態宣言」の目安となる50%から減少しています。

年代別では、12日までの1週間で30代以下が64%と前週から2ポイント減ったものの高い割合が続いています。

政府は「緊急事態宣言」を東京都、沖縄県を延長したうえで、埼玉県、千葉県、神奈川県、大阪府を追加、北海道、石川県、京都府、兵庫県、福岡県に「まん延防止等重点措置」を2日から適用。期間は31日までです。さらに福島県、茨城県、栃木県、群馬県、静岡県、愛知県、滋賀県、熊本県の8県を追加し、8日から適用を開始しています。

北海道は13日、札幌市と往来の多い小樽市と石狩地方(江別市、千歳市、恵庭市、北広島市、石狩市、当別町、新篠津村)に「まん延防止等重点措置」を適用地域に追加し、北海道全域に「不要不急の外出・移動自粛」を要請することを決め、14日から適用します。

札幌市を含め飲食店での「酒類の提供を終日自粛」要請をし、時短要請を1時間繰り上げ午後8時までとします。

外出自粛、移動自粛要請に加え、公共施設の原則休館も継続。部活動の活動場所は「学校内」に限定します。

札幌市は市営地下鉄と市電の終電を約20分から30分繰り上げる対策を5日から開始。小中学校などでの修学旅行は9月以降への延期を要請。公共施設は市民の健康維持や子どもの健全な成長促進の観点から特に必要な施設を除き、原則休館としています。

【7月20日以降の北海道の新規感染者数(札幌市分)】

7月20日:104(74):7月3回目の100人超

7月21日:118(77):緊急事態宣言解除後で最多

7月22日:140(96):緊急事態宣言解除後で最多更新、デルタ株疑い最多49人

7月23日: 79(50):20日連続前週超える

7月24日:118(88):7月2番目に並ぶ

7月25日:111(80)

7月26日:135(100):7月2番目、札幌は緊急事態宣言解除後で最多

7月27日:138(75):7月2番目、デルタ株疑い最多65人確認

7月28日:226(138):7月最多、6月以来の200人超える

7月29日:259(156):7月最多、デルタ株疑い最多114人確認

7月30日:250(144):デルタ株疑い最多127人、まん延防止措置適用決定

7月31日:283(202):北海道・札幌ともに7月最多

8月 1日:266(162)

8月 2日:215(160):「まん延防止等重点措置」適用開始

8月 3日:210(128):デルタ株疑い最多143人(札幌も最多93人)

8月 4日:364(242):緊急事態宣言解除後で最多

8月 5日:340(220):デルタ株疑い最多152人(札幌最多93人並ぶ)

8月 6日:283(169):(6日発表分から再陽性含む数字に表記変更)

8月 7日:347(243):デルタ株疑い最多172人(札幌も最多123人)初の20代の死者確認

8月 8日:308(195)

8月 9日:310(230):月曜日として約2か月半ぶり300人超

8月10日:347(252):札幌で緊急事態宣言の解除後最多

8月11日:351(208):29日ぶりに前週下回る、デルタ株疑い2番目154人

8月12日:480(269):緊急事態宣言の解除後最多、デルタ株疑い最多174人

8月13日:454(248):北海道全体で緊急事態宣言の解除後2番目