パラ警備「コロナ対策徹底を」

開幕前に警視庁が会議

© 一般社団法人共同通信社

東京パラリンピック開幕を控え、警視庁が開いた大会警備などの方針を確認する会議=16日午後、警視庁本部

 東京パラリンピック開幕を来週に控え、警視庁は16日、大会警備や交通対策の方針を確認するための会議を開いた。斉藤実警視総監が訓示し、新型コロナウイルス感染が急拡大する中での開催に「われわれも感染症対策を一層徹底しなければならない」と述べた。

 斉藤総監は「五輪と比べ大会規模は縮小するが、警備の困難さは何も変わらない」と指摘。「ウイルスによる(健康への)リスクが高い選手も出場する。いま一度気を引き締めて警備に臨んでほしい」と話した。

 会議にはオンラインなどで各部の幹部ら約480人が参加した。