お店自慢の大和牛(やまとうし)と奈良の食材が味わえる【奈良にうまいもんあり】

© 奈良テレビ放送株式会社

毎週月~金曜日ゆうがた5時30分から放送している奈良テレビの「ゆうドキッ!」では「奈良にうまいもんあり!」と題して、プロの料理人に紹介してもらった美味しいお店を数珠つなぎで紹介していきます。

※この記事は8月16日(月)に放送された内容です。

近鉄奈良駅の噴水広場からひがしむき商店街を入ってスグの所にお店を構える「ももしき」。奈良の食材を大切にしていて、観光の方はもちろん、地元の人にも愛されているお店です。

お店を運営する会社の総料理長・片山昌彦さんは生産者と直接会い、プロとして納得できる品を仕入れており、奈良県産の食材を独自に「奈良スターフード(NARA STAR FOOD)」と名付けているとか。

お店の名前の”ももしき”について聞いてみました。

総料理長・片山さん
「ももしきというのは、漢字で百石木と書くんですけれども、昔の言葉で宮中、皇居、内裏を表す言葉を使われていて、奈良が都であった頃をイメージして、沢山の食材が集まってきて美味しいものを出さしていただいてお客様に喜んでいただこうという思いを込めています。」

まずは、お店で人気の大和牛まぶし赤身たたきをいただきます。食べ方を変えて味わうひつまぶしスタイルのメニューだそう。

とてもお肉が柔らかくて、あっさりしています。

お肉のみを味わった次は、ネギと柚子ごしょうをトッピングしていただきました。

しぐれ煮の甘さと相まって食べやすくなっています。

最後に、大和茶入りの和風だしをかけ、お茶漬けとしていただきます。

和風のお出汁で、あっさりといただけます。

続いて、ももしき自慢の看板商品大和牛の上すき焼きもいただきます。

お肉と卵の相性が良く、肉に負けないくらいとても濃厚な卵黄。

大和牛のA4の雌牛のみ使用しているんです。

白きくらげもいただきました。フレッシュなきくらげを使用しているので普段とは少し違う食感を味わえるとか。

しっとりとしていて弾力があります。

手焼き麩もいただきました。

最初に焼いたお肉の油から、野菜の味まで全てを吸い込んでいてとてもおいしいです。

総料理長・片山さん

「我々の店舗は近鉄奈良駅の駅前にありますので、地元の方はもちろんなんですけど、全国から奈良に観光に来ていただけるお客様にも喜んでいただきたいと思い、肉にも野菜にもこだわって準備をしておもてなしをさせていただいております。」

奈良の全てを感じられるももしきさんのうまいもん、ごちそうさまでした。

気になるお店の場所は?

※この記事は取材当時の情報です。