沖尚敗れる 甲子園2回戦 盛岡大付に0‐4

© 株式会社沖縄タイムス社

沖尚-盛岡大付 1回裏盛岡大付1死二塁、沖尚は遊ゴロから送球を受けた三塁手・知念新(左)が二走をタッチアウトにする=甲子園球場(金城健太撮影)

 【甲子園取材班】第103回全国高校野球選手権大会第9日は22日、阪神甲子園球場で2回戦を行い、県代表の沖縄尚学は盛岡大付(岩手)に0―4で敗れた。

 

 沖尚は0―0の四回裏、先発の當山渚が先頭から3連打されて先制を許すと、なおも無死満塁で遊ゴロの間に2点目を奪われた。八回裏には2本のソロ本塁打を浴びて2点を追加された。

 打線は、相手投手を前に八回二死まで無安打と沈黙。大城稜雅が中前にチーム初安打を放ったが、後続が続かなかった。