東京パラ テコンドー太田渉子選手 激励会

© 株式会社山形テレビ

 東京パラリンピックが24日開幕します。テコンドー競技に出場する尾花沢市出身の太田渉子選手の激励会が開かれました。

【東京パラ テコンドー 太田渉子 選手】
「3ラウンドの最後の最後まで粘り強い勝負をしていきます」

 太田渉子選手は、パラ ノルディックスキーの元日本代表からパラ テコンドーに転身し、競技歴3年で代表入りを果たしました。東京パラリンピックでは58キロ超級に出場します。

「フレーフレー、渉子」
21日、尾花沢市役所で開かれた激励会。太田選手は、東京の自宅からリモートで参加しました。会場に集まった約50人の市民らはメッセージが書かれた手作りの旗などで、健闘を祈っていました。

【東京パラ テコンドー 太田渉子 選手】
「この舞台に立てることは、ふるさと山形・尾花沢の皆さんの応援はもちろん、支えて下さる すべての方のおかげです。感謝の気持ちを忘れず、全ての力を出し切って、最高のパフォーマンスをしてきます」
【クロスカントリー選手時代の恩師 伊藤一志さん】
「鍛えた持久力と筋力とを思う存分使っていただいて、いいキック・足蹴りができて、高いポイントを取って、悔いのない戦いをしてほしい」

 太田選手の競技は、9月4日に行われます。