自転車女子 松山学院の垣田、大蔵がワンツーフィニッシュ 全国高校総体・23日

© 株式会社愛媛新聞社

【女子個人ロードレース】ゴール約50メートル手前でスプリントをかける(右から)1位の松山学院・垣田真穂と2位の同・大蔵こころ=福井県大野市特設コース

 全国高校総合体育大会(インターハイ)第30日は23日、福井県の大野市特設ロードレース・コースなどであり、女子個人ロードレースは垣田真穂(松山学院)が制し、22日のポイントレース、2000メートル個人追い抜きに続き3冠を達成。2位には大蔵こころ(同)が入った。

 先頭集団には、最後まで緑と黒のジャージーの2人が残った。女子ロードレースは垣田真穂(松山学院)がラスト100メートルのスプリント勝負になった接戦を制し優勝。1学年上の大蔵こころが2位に入り、先輩後輩コンビが前日のポイントレースに続いてワンツーフィニッシュした。