スウェーデンのカヌー選手 誕生日にサプライズ 茨城・潮来市スタッフら祝福 24日、パラ開幕

©株式会社茨城新聞社

22日に50歳の誕生日を迎えたリィパ・ヘリアムさん(左から2人目)=潮来市潮来(同市提供)

茨城県潮来市内で東京パラリンピックに向けた事前キャンプを行っているスウェーデンのカヌー選手が22日、誕生日を迎えたのに合わせ、同市のスタッフらがサプライズで祝福した。

事前キャンプを行っているのはカヌースプリント女子カヤックシングルのリィパ・ヘリアムさん(50)。8月22日が誕生日であることにプロフィルを調べていたスタッフが気付き、お祝いを企画した。

スウェーデンでは、誕生日のお祝いを寝起きに仕掛けるという風習があることから、朝一番での「サプライズ」を実行した。選手団がボートセンターに到着すると、艇庫のシャッターがゆっくりと開き始め、中から約20人の運営スタッフらがスウェーデン語で誕生日を祝う歌を歌って祝福。同国の国旗に使われている青と黄色の花束が手渡された。

リィパさんは「サプライズのお祝いでとても幸せです」と笑顔。24日の開会式では旗手を務める予定で、本番に向けては「潮来で万全の準備を整えることができているので、メダルを目指して頑張りたい」と意気込んだ。