鳥取県米子市出身の金メダリスト・入江聖奈選手、金メダルと共に米子に帰郷

©株式会社Zipang

ボクシング女子フェザー級のオリンピック金メダリスト・鳥取県米子市出身の入江聖奈選手が18日、故郷の米子に帰郷した。

この日、米子鬼太郎空港には入江選手を一目見ようと一般の人も集まり、大きな拍手で出迎え。金メダルを首から下げた入江選手は「今日はこんなにも集まっていただいてありがとうございました。幸せ者だなと思います。本当にありがとうございます」と感謝を伝えた。米子市の伊木市長は、入江選手から金メダルを掛けられると、感無量の様子で「ずっしりきます」と感動の表情。

記者会見では、「鳥取県初の金メダルは、今回運よく私が最初だったんですけど、それ以上にずっとお世話になってきた鳥取県や米子市の皆さんに、少しでも恩返しできたのが、本当に嬉しいなと感じております」と改めて感謝を伝えた。また、地元でやりたいことを聞かれると、家の近くで大好きな“カエル”をじっくり探したいと教えてくれた。

続けて午後には、鳥取県庁へ。鳥取県は、入江選手のために新たに「スポーツ最高栄冠賞」を創設。入江選手には「県民栄誉賞」と合わせて、第一号となる「スポーツ最高栄冠賞」が贈られた。また、入江選手が「砂丘色のメダルが欲しい」と発言したことにちなみ、鳥取砂丘近くの砂を固めて作られた“砂丘色”のメダルも贈られた。

さらに、入江選手をジュニアの時代から育成してきた『シュガーナックルボクシングジム』の伊田武志会長にはスポーツ特別功労賞が贈られ、入江選手は伊田会長を相手にスパーリングのパフォーマンスを披露。その後、再び米子市に戻り、市民栄光賞の授与式に参加した。

【関連リンク】

テレポート山陰ちゃんねる

BSS山陰放送公式ページ

テレポート山陰 Twitter

テレポート山陰キャスター Instagram

BSS山陰放送 ラッテちゃんTwitter

この記事はいかがでしたか?