「北朝鮮の友人」と米代表

対話再開に期待表明

© 一般社団法人共同通信社

 【ソウル共同】米国のソン・キム北朝鮮担当特別代表は、23日の韓国KBSテレビとのインタビューで、「北朝鮮の友人たち」に敵対心は抱いていないと述べ、融和的な表現で米朝対話再開への期待を重ねて表明した。

 北朝鮮が制裁解除を求めていることに関連し「北朝鮮にとって重要なことを含め、あらゆる問題と関心事」を協議する用意があると表明。「(対話の)機会が与えられれば、われわれはかなりの進展を得られるだろう」と語った。

 米側が先にインセンティブ(動機づけ)を示せるかとの質問には「まずは座って、進むべき道について話をしなければならない」と述べるにとどめた。