東京パラリンピック開幕

コロナ危機、原則無観客

©一般社団法人共同通信社

東京パラリンピックの開会式で、聖火台に点火した(左から)パワーリフティング女子の森崎可林選手、車いすテニス女子の上地結衣選手、ボッチャ男子の内田峻介選手=24日夜、国立競技場

 第16回夏季パラリンピック東京大会は24日、東京・国立競技場で開会式が行われ、開幕した。新型コロナウイルスの影響で1年延期されてなお危機的な感染状況が続き、東京、千葉、埼玉、静岡の全会場で原則無観客開催になる。161の国・地域と難民選手団を合わせ、史上最多4403人の選手が参加する大会は、障害の有無など多様性を認め合う「共生」を目指し、社会を変える契機にできるかどうかが問われる。

 日本で障害者スポーツの扉を開いた1964年の第2回大会以来、57年ぶりの東京開催。同じ都市で2度目の夏季大会が開かれるのは初めて。22競技539種目が9月5日まで行われる。

東京パラリンピックの開会式で打ち上げられる花火=24日夜、国立競技場
東京パラリンピックの開会式を前にスタジアムに投影された映像=24日夜、国立競技場
東京パラリンピックの開会式を待つ国立競技場。緊急事態宣言下、無観客での開催となった=24日夕
東京パラリンピックの開会式を待つ国立競技場。手前は大会シンボルマーク「スリーアギトス」のモニュメント=24日午後(魚眼レンズ使用)