アフガン国旗も開会式入場

特別対応「連帯示す」

© 一般社団法人共同通信社

入場行進で掲げられる、アフガニスタン国旗。政治情勢の緊迫化で参加できなかった=24日夜、国立競技場

 24日の東京パラリンピック開会式では、政治情勢の緊迫化で参加を断念したアフガニスタン代表団に代わってボランティアが、同国の国旗を掲げて入場した。国際パラリンピック委員会(IPC)が「(代表団への)連帯を示すため」として特別対応を取った。

 駐留米軍の撤退が進むアフガンでは今月15日、イスラム主義組織タリバンが首都カブールを制圧して復権。情勢悪化後、出場予定だったテコンドーの女子選手が大会参加を訴えたが、実現しなかった。