神戸国際大付、近江などベスト8

全国高校野球選手権大会

©一般社団法人共同通信社

日本航空―智弁学園 9回表智弁学園1死一塁、前川が右中間に2ランを放つ。投手小沢=甲子園

 全国高校野球選手権大会は25日、甲子園球場で3回戦4試合が行われ、智弁学園(奈良)明徳義塾(高知)神戸国際大付(兵庫)近江(滋賀)が準々決勝に進んだ。

 智弁学園は日本航空(山梨)に7―1で快勝し、10年ぶりのベスト8。小畠が3安打完投。

 明徳義塾は松商学園(長野)に2―0で勝ち、5年ぶりの8強。代木、加藤がソロ本塁打を放った。

 神戸国際大付は長崎商に延長十回、6―5で逆転サヨナラ勝ちし、初の8強。4―5の十回2死二、三塁で西川が2点適時打を放った。

 近江は盛岡大付(岩手)を7―4で下し、3年ぶりの8強。序盤からリードし、山田、岩佐の継投で逃げ切った。